スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02

07

Thursday

  • 0 comments
  • 0 trackbacks

これが噂の…(BOTレポート)

最近は全く無くなりましたが一ヶ月ほど前、
ログイン時に『接続人数を超えました』と言うメッセージが表示され
ログインが全く出来ないという状態が続きましたよね。
その時、噂になっていたのが『BOT』と呼ばれる行為なのです。

BOTとは、ツールを用いて遠隔操作で画面にいるいないに限らず
特定の動作を自動で繰り返す事が出来る行為です。マクロとも言います。
PCの前にいなくてもそのソフトを使用する事によって敵を狩り続けてくれるんです。
アカウントを作成し、不正ツールで大量のキャラクターを同時にログインさせ
この行為をしていると言う噂が持ち上がりました。
そのためサーバーの人数の上限を一時的に越えてしまった、と。

BOT行為の多くは儲けたアイテム、お金やキャラクターを
RMT(リアルマネートレード)で現金に換えるために使われます。

そうなれば、ゲーム内の物価が暴落したり、
異常に強いキャラクターが作られ、ゲームバランスが崩れてしまいますよね。
オンラインゲームは一人で遊ぶゲームではないので、
そのようなゲームバランスが崩れる恐れがある行為は通常禁止されています。
もちろんRED STONEでも…。


そんなBOT行為の可能性があるキャラクターを過疎狩り場で見つけた時レポートです♪
到着♪

狩り場までポータル出してもらいました☆
とある過疎狩り場です。
うぃちたがソロしていた時に偶然見つけたと言う疑惑の方は何処…




テイマーさん

一見普通のテイマーさんですね…
寝ているようです…




狩らないぞぉ?

近くに敵がいても狩る様子はありません…
聞いた話では攻撃命令を繰り返し出すと言う話だったのですが…
まだ寝たままですね。泡のマークが出ています。




ちーん

間違えてタゲが行って死んでしまったみたいですww
決してMPKなんかじゃないです(゚ーÅ)
死んでも全く反応が無いみたいです。
本人は不在のよう。






灰で復活させ、もう一度モンスターをある特定の位置まで釣ってみました。
すると…






攻撃命令!


出ました!!

攻撃命令!!




今までずっと泡が出ていて、死んでも反応が無かったのにも関わらず
テイマーさんが攻撃命令を出しました。

レポートしに来る前テイマーさんが一度死んでおり、羽で復活させた時に
どうもテイマーさんのPCの画面でクリック位置が変わってしまい、
攻撃命令を続けて出すことが出来なくなっていたようです。
そのため特定の位置までMob(モンスター)を釣らないと
攻撃命令を出さない状態になっていました。
これは明らかに…




世の中にはいろんな人がいます。
みんながみんな、善人であるならば事件など起きないし
そうじゃないからこそ、警察がいます。

道理に反する行為が正しいとは思いませんが、
善がある以上悪もあり、悪を追いかける事は『いたちごっこ』なのではと思います。
誰でも自分の利益を求めるのならば、他人の利益など気にしませんし。
ただ世界がそんな人ばかりだったとしたら、逆に成り立たないと思いますがね。笑

…正義感の強い私としてはこのような行為は許せないと思うはっちーでした。
そんな私のような立場の人間もいるからこそ、世の中は成り立ってるんじゃないかなあ〜
こういう行為をしている本人も、人のいない過疎狩り場を選んでいるという事は
悪い事をしていると言う自覚はあるんでしょうね〜。



以上、突撃BOT(?)レポートでした。

2006.10

26

Thursday
21:42

  • 2 comments
  • 0 trackbacks

<< 廃坑B10に隠された敵 : main : 交流イベント >>

スポンサーサイト

2008.02

07

Thursday

  • 0 comments
  • 0 trackbacks

COMMENTS

Posted by うぃちた  at 2006/10/27 5:27 AM
初めてみたからびっくりしたねぇ。
聞いた所によると
画像でも分かるようにダメ800↑でてるんだけど
励ますなどは使わないで風雨と攻撃命令のみでこのダメは
かなり高いらしい。
ここの適正Lvで同じ状況で攻撃しても、
ダメ200〜300程度らしいよ。
Posted by はっちぃ  at 2006/10/28 12:10 AM
それにしても良く見つけたね〜!
あんなところに行く人のほうが少ないからねえ。笑
このテイマーさん、雨風も使ってなかったような気もするけど…
本体とペットのレベルが気になるところだね。



 

   

TRACKBACKS

TRACKBACK URL »